どの地域にチラシをまくか

印刷物

さいたま市でチラシ配布を行う場合には、準備としてまずどの地域にチラシをまくかを考えなければいけません。チラシをまくといっても、やみくもにたくさんの枚数をまいたからといってお客さんが集まるわけではありません。かりに集まったとしても、出費が多すぎると黒字から赤字に転落してしまうでしょう。特に会社経営者ならば、入ってくるお金に敏感な人は多いですが、出ていくお金に敏感な人は少なく赤字に転落する理由もそこにあるとされています。そのため、さいたま市の中で範囲を限定してチラシをまくなどあらかじめ決めておけば、無駄なくたくさんのお客さんを集めることができるでしょう。

どのようなチラシを得意としているか

広告

チラシ配布業者にチラシをまいてもらうためには、それぞれの業者の特徴を理解しておく必要があります。さいたま市の中にはたくさんのチラシ配布業者がりますが、どのようなチラシでも得意としているわけではありません。例えば、電気屋の新装開店などのチラシを得意としている場合は、とにかく物量で勝負するような業者が多いです。なぜかといえば、電気屋のチラシをまく場合とにかくどの家でもポスティングをすればよいからです。ポスティングをする場合には、その内容によって投函する家とそうでないよう分けなければいけません。例えば学習塾の場合には、子供のいそうな家にポスティングするのが正しく、老人しか住んでいないような家に配布してもほとんど意味がないでしょう。

どのような仕組みになっているか

チラシ

さいたま市でチラシ配布を行ってくれる業者の仕組みは、まず申し込みの段階からスタートします。この時、あらかじめチラシを作製してある場合には、そのチラシを印刷してもらう必要があります。チラシ配布業者の中には、チラシ作成も同時に行ってくれるところがあるでしょう。これは、一つの業者が二つの業務を行うというよりも、チラシ作成、つまり広告代理店と提携しているようなところもあるわけです。このように、ほかの会社と提携することでそれぞれの業者が得をする仕組みを作っているといえます。もし、ゼロから作成して欲しいときには、そのままお願いした方が合理的かもしれません。そうでない場合には、あらかじめ自分で作っておいたほうがおカネをかけずに済みます。小さなお店や会社の場合には、自分で作る傾向がありますが、たまにどのように作成したらよいかわからずに業者に依頼しているパターンもあるでしょう。後は、配布枚数と地域を決めて配布していくのが基本です。

広告募集中